イソフラボン研究所

大豆イソフラボンが生理に与える影響とは?PMSが緩和された人も

大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることで有名です。
今回は、その大豆イソフラボンが生理やPMSにどう影響を与えるのかを解説していきます。

PMS(月経前症候群)とは?生理にはトラブルがつきもの

PMSは月経前症候群とも言われています。
毎月、生理が始まる3~10日ぐらい前になると決まって現れる不快な症状のことです。
人によって症状は様々で、身体的なものから精神的なものまであります。
生理が始まると、嘘のように症状が消えてしまうのもPMSの特徴です。

身体的な症状としては、胸が張る、肌荒れ、倦怠感、食欲が増す、肩こり、便秘、頭痛、ニキビなどが発生します。
精神的な症状としては、イライラする、感情の起伏が激しくなる、気分が落ち込む、集中力低下、無気力感などが起こります。

PMSの症状の度合いは人によってさまざまです。
生理痛が軽い人もいれば重い人もいるように、PMSの症状が軽い人もいれば、何も手につかないくらいに症状が重い人もいます。

PMSは、排卵後に女性ホルモンの分泌量が急激に変化することが主な原因です。
ストレスや睡眠不足、不規則な食生活など、様々な原因によって女性ホルモンのバランスが崩れることで発症します。

女性ホルモンには2種類あります。
生理前に多く分泌されるプロゲステロンと、生理後に多く分泌されるエストロゲンです。

この2つのホルモンがうまく切り替わらないとバランスが崩れた状態になり、PMSが発症してしまいます。
特に、生理前に優位になるプロゲステロンが分泌されすぎてしまうとPMSの症状が悪化すると言われています。

PMSに悩んでいる方は大豆イソフラボンを摂取してみよう

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしています。
そのため、体内ではエストロゲンと似たように働きます。
エストロゲンの作用をするイソフラボンを補うことによって、過剰に分泌されるプロゲステロンとの分泌量の差を縮めてバランスを保ちます。
つまり、大豆イソフラボンを摂取すると、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えてくれます。

イソフラボンが豊富に含まれている大豆製品を日ごろから摂取している人は、PMSになりにくいという研究結果が発表されています。

PMSに悩んでいる方は、ぜひ大豆イソフラボンで生活改善を考えてみてはいかがでしょうか。
ただし、摂取しすぎてしまうと生理周期の乱れなどにもつながるため、摂りすぎには注意しましょう。

ページのトップへ戻る