イソフラボン研究所

大豆イソフラボンが女性ホルモンをサポート!女性らしさをキープする秘訣

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることで注目されていることはご存知ですか?この記事では、大豆イソフラボンが女性ホルモンをサポートする働きについて、解説いたします。

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の働きとは?

女性特有の体つきや体のリズムに大きな影響を与えるのが女性ホルモンです。

女性ホルモンのエストロゲンは妊娠を成立させるために働いています。
規則的な月経周期や妊娠、出産に欠かせない役割を担っています。
子宮内膜を増殖させて、受精卵の受け入れ態勢を整えます。

また、エストロゲンには女性を美しくしてくれる効果があります。
肌の新陳代謝を促進したり、髪の潤いをキープするように作用します。
また、乳房や性器、皮下脂肪を発育させて丸みのある女性らしい体を作ります。

さらに、骨を丈夫にしたり、コレステロール値を下げる効果があります。
自律神経を安定させて穏やかな気持ちにさせることもあります。

女性ホルモンは、女性らしさをキープするためにも欠かせないものとなっています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのはなぜ?


エストロゲンの代役を務める大豆イソフラボン

イソフラボンの化学構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、体内でエストロゲンのような働きをしてくれます。

そもそも、エストロゲンが体内で働くためには、エストロゲンを受け入れる受け皿が必要です。
エストロゲンが不足しているとき、体内のエストロゲンの分泌が少なくなり、エストロゲンの受け皿が余っている状態になります。
このときにイソフラボンを摂取すると、イソフラボンは余っている受け皿にはまることができます。
そして、エストロゲンに比べると弱い力ではありますが、エストロゲンに似た働きを行います。

イソフラボンの代謝物である「エクオール」もエストロゲンの効果あり

また、大豆イソフラボンの一種である「ダイセイン」が腸である種の腸内細菌によって代謝されると、「エクオール」に変化して体内に吸収されます。

このエクオールはエストロゲンとより一層類似した構造を持っています。
体内でエストロゲン受容体に結合することによって、エストロゲンにさらに近い働きをするのです。
ホルモンバランスの乱れが原因で起こる様々な症状も緩和してくれます。

エクオールの研究が進むにつれて、更年期症状の改善や骨粗鬆症の予防効果、女性のメタボリックシンドローム改善作用など様々な研究発表が報告されています。

エクオールを体内で作るには、大豆製品を日常的によく食べ、規則正しい生活を送ることと日常的な運動が必要です。

ページのトップへ戻る